一陽来復の冬至に何食べる?

IMG_6937xx.jpg





この週末、街はクリスマス一色となりそう
ですが・・・




明後日22日は




二十四節気「冬至」




日本が位置する北半球では太陽の位置が1年
を通し最も低くなり日照時間も短くなる頃




同時に「冬至」に新しい「陽」が生まれ、こ
れを境にして「夏至」に向かい日毎日照時間
が長くなると言われます。




古くはこの日を一陽来復、新しい年の始めと
考えた所以でもあります。





本朝七十二候では「冬至」初候




” 乃東(なつかれくさ)生ず ”




草木いずれも枯れる中で、夏枯草が緑の芽を出し
始める頃とし





中国の「冬至」初候




” 蚯蚓(きゅういん)結ぶ ”




寒気に地中の蚯蚓(みみず)さえも、かたまりと
なる時期といいます。





さて、そんな「冬至」と言えば思いつくのが





体内の「気」の巡りを良くする「理気」作用
がある果実「柚子」を浮かべた「柚子風呂」





「柚子」が持つ気品ある香りがお風呂の湯気
と共に鼻孔から吸い込まれ寒い時期だけに何
とも言い難い極楽気分になれますよね♪





そして「柚子風呂」を楽しんだ後に是非食べ
ておきたいのが”冬至の七種(ななくさ)”



南瓜(なんきん) ※かぼちゃ


蓮根(れんこん)


人参(にんじん)


銀杏(ぎんなん)


金柑(きんかん)


寒天(かんてん)


饂飩(うんどん) ※うどん





新しい「陽」が生まれる一陽来復「冬至」
日に「運」を呼び込む為




日本語における順番法「いろは順」の最後「ん」
がふたつ付いたものを縁起を担いで食べる。




さて、さて、読者の皆様は




「冬至」の日に何を食べますか??




クリスマスを前にした週末の食卓だけに




「冬至」の日くらいは「冬至七種」を使った




和の膳をしっかりと食べ




「運」をいただきたいものですね(笑)







■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html



■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。