あれから2年 芒種の末候

画像





今日16日は



二十四節気 「芒種」末候



本朝七十二候では



「芒種」末候



” 梅の子黄ばむ ”



梅の実が熟して黄ばむ時節であるとよみ



中国の七十二候では



「芒種」末候



” 反舌(はんぜつ)声無し ”



反舌=もず 



百舌が「夏至」が近づくにつれ鳴かなくなる時節とよむとか。





梅の実が熟すという時期



以前、記事に書いた双子ちゃん達も元気に育ち満2歳に



双子ちゃんの過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/201306/article_3.html



双子ちゃんのお母様が漢方によるの体質改善に取り組んでいただいた
結果



授乳も二人分を母乳のみで充分にまかなえ



そのおかげか病気らしい病気も無く日々すくすく成長



せいかいどうが



これからはいっぱいいろんな所へ出掛けてね~



という思いで贈ったお揃いのバタフライのリュック



そのリュックを背負った写真がお母様から届きました♪



なかなか、かわいいでしょう??







■妊娠・出産の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/9a08ef6329.html



■漢方婦人科 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/9dc43fe750.html





漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。

"あれから2年 芒種の末候" へのコメントを書く

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。
漢方薬の事なら大阪梅田から11分 大阪京橋から5分 新大阪から13分の聖快堂へ
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。