今日は小寒の末候

IMG_5892xxxx.jpg



年神様を天上へとお見送りする




小正月も終わった




今日16日は「小寒」末候




本朝七十二候では




「小寒」末候




“ 雉始めて雊(な)く ”とし





一方、中国の七十二候では





「小寒」末候





“ 野雉始めて雊く ”とします





※二十四節気の「立冬」の末候で陰陽思想
に基づき天(陽)を飛ぶ鳥である雉が海に
入りて地(陰)の生物である蜃(おおはま
ぐり)となったものの「立春」を前にして
再びもとの姿に戻る様で「一陽来復」を表
しているとか。




さて、せいかいどうが住むなにわの街は
商売繁盛の十日戎までは正月気分が抜け
ないと申しますがそこへ先の三連休



今週からが本格的な2020年の始動と
いう方も目立ちますが


先週の漢方相談、そして今週の漢方相談
でもお休み中にそして仕事始め早々に風
邪をひいてしまったというお話を多くい
ただいています。




そんな患者さんを問診、舌診すると免疫
力が落ち風邪を引きやすくなっている原
因はほぼ、消化器の疲れ



体内に余分な「水」「湿」が滞る事で
免疫が落ち風邪等の邪気の侵入が容易に
なっています。



体調が今ひとつ優れない、連休の疲れが
取れない



そんなあなたは今週末は無理して新年会
等には出掛けず、腹八分、消化器を休ま
早寝早起きでしっかり体内時計を整え
体を通常モードへと切り替える週末とし
ましょうね。




■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html


■季節に多い病気の過去記事へ

https://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html


■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の
通信販売に関する御問い合わせ、御相談
は御電話またはメールにてお願いします。

"今日は小寒の末候" へのコメントを書く

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。
漢方薬の事なら大阪梅田から11分 大阪京橋から5分 新大阪から13分の聖快堂へ
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。