春隣 晩酌の肴は”水菜”

IMG_7510xxx.jpg





今日で1月も終わり




明日からはもう2月ですね




2月に入ればすぐ「節分」があり




そして




二十四節気の最初の「立春」




暦の上ではもう「春」なのですね。




そんな春隣の昨夜は晩酌の肴に




今が旬の”水菜”と海藻のサラダを選んで見ました。




”水菜”自体は12月頃から3月が旬の冬から春へ
向けての今が美味しい食材。




ビタミンCが豊富なため免疫力を助け風邪の予防
等にも有効な野菜の1つ




鍋料理ではなく、サラダで生食するとシャキシャ
キした食感と”水菜”特有の匂いと共にひと足早く
春の訪れを感じるようで美味しかったです♪




■ 水菜


”水菜”は体の内部から生じた異常な「熱」を取り
除く「清熱」の食材



薬効は



熱病、煩病、熱性便秘に良い「清熱解毒」「瀉火
通便」




陰虚の消渇、皮膚の乾燥に良い「滋陰潤燥」




そして、わかめや昆布等の海藻は基本、体内
「水」の代謝に関わり生じる「痰」を消し
去る「化痰」類に属す食材


薬効は


体内の「水」の滞りで生じる「痰」を消す
「消痰」


「水」の流れを良くし排尿を促し浮腫みをと
る「行水」「消腫」



海藻類は「寒」性の為、お腹が弱く冷えやす
い人は食べ過ぎない様にし、サラダ等の生食
より御味噌汁等温かい料理の具材として使う
方が良さそうです。




以上、どちらも



体を冷やす性質を持つ食材なので



春隣とはいえ、御酒は焼酎のお湯割りを選んだ
せいかいどうです。





■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売
に関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメ
ールにてお願いします。

"春隣 晩酌の肴は”水菜”" へのコメントを書く

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。
漢方薬の事なら大阪梅田から11分 大阪京橋から5分 新大阪から13分の聖快堂へ
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。