新型コロナの苛立ちには鯖を食べる

IMG_8044xxxxx.jpg




週末の




明日4日は




春の気をうけ草木に花咲き始める清浄明潔





万物に清朗の気あふれる





二十四節気「清明」





本朝七十二候では





「清明」初候





” 玄鳥至(つばめきた)る ”





つばめが南の空から飛来してくるころとし





中国の七十二候では





「清明」初候





” 桐始(きりはじ)めて華(はなさ)く ”





春の陽気に桐の花が咲き始める頃とします。





さて、新型コロナの感染拡大で




普段通りの生活が送れず




毎日がイライライライラ




苛立ちの毎日を過ごしている方も多いはず




そんな方におすすめなのが”鯖”




写真はせいかいどうの昨夜の晩酌の肴




しめ鯖の皮の部分をさっと炙ったものを
日本酒のぬる燗で美味しくいただきました。




■ 鯖



”鯖”は人の五臓六腑の機能を強化し「気」を補
「補益補気」類に属す食材




五性 「平」




五味 「甘」 




帰経 「胃」「肺」





薬効は




慢性の咳や食欲不振、むくみに良い「補肺健脾」




「腎」を補い苛立ちを解消する「寧心補腎」




体にこもった余分な熱を収め、視力に良い「瀉熱
明目」




その他、国立がん研究センターの研究では魚を食
べない人は習慣的に食べている人に比べ大動脈瘤
や大動脈解離で死亡するリスクが約2倍というデ
ータもあり

中でも鯖や鰯などの青魚には血管を守り動脈硬化
を防ぐ効果がある成分が多いので日々の食卓でし
っかり摂る事をおすすめします。




最後に



万物に清朗の気あふれる心地良い季節なのに



新型コロナの影響で普段通りの毎日がおくれず



日々の閉塞感に苛立ちが募っているというあなた。



今夜の食卓に苛立ちを解消する「寧心」効果が
ある”鯖”を使った献立はいかがでしょうか?







■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方神経科の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/2701f95afe.html


■私のお気に入り 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/169c7f4e2e.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関
する御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにて
お願いします。

"新型コロナの苛立ちには鯖を食べる" へのコメントを書く

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。
漢方薬の事なら大阪梅田から11分 大阪京橋から5分 新大阪から13分の聖快堂へ
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。